山下大五郎 作品一覧

山下大五郎の作品一覧です。作品画像をクリックすると詳細がご覧になれます。
※ 掲載作品は常時画廊で展示されているとは限りません。直接ご覧になりたい場合は事前にご連絡ください。
山下大五郎作品一覧作家名タイトル技法サイズ
山下大五郎「古い水車屋」 山下大五郎 古い水車屋 キャンバスに油彩 F8号
山下大五郎「丹波の家」 山下大五郎 丹波の家
(丹波下山)
キャンバスに油彩 F6号
山下大五郎「會津春近し」 山下大五郎 會津春近し キャンバスに油彩 F8号
山下大五郎「丹波の里」
- 売却済み -
山下大五郎 丹波の里 キャンバスに油彩 F6号
※ 掲載作品以外にもご紹介できる作品がある場合もございます。売却済等でもお気軽にお問い合せください。

山下大五郎 作品へのお問い合わせ

山下大五郎作品の問い合せ 山下大五郎作品へのお問い合わせは左のボタンよりお問い合せフォームにて承ります。なお、恐れ入りますが全ページ共通の問い合せフォームとなっておりますので、特定の作品に関するお問い合せは販売IDと画家名、タイトルを必ず本文内に含めて下さいますようお願い致します。
(例)
山下大五郎「會津春近し」油彩8号の購入値段について。(740029)

山下大五郎 作品の買取価格一括査定

絵画・美術品の売却・買取価格同時一括査定依頼 山下大五郎作品の買取価格同時一括査定を行っております。一度の査定依頼で複数の絵画・美術品業者よりオークション落札価格等の市場相場に基づく買取査定価格が提示され、そのなかで一番高額な買取査定価格を提示した業者をご紹介致します。
山下大五郎作品の売却をお考えの方は左記ボタンより是非買取価格同時一括査定をご利用ください。

山下大五郎 略歴 (1908-1990)
やましただいごろう - Daigoro YAMASHITA Profil -
1908年 10月2日、神奈川県藤沢市に生まれる。
後に洋画家となった原精一とは家が近所で早くから親交があった。
神奈川県立湘南中学校在学中に萬鉄五郎宅に出入りし、学ぶところがあった。
1926年 中学を卒業して東京美術学校師範科に入学。
在学中は田辺至に師事し、また先輩である林武に指導を受ける。
1928年 第9回帝展に「卓上静物」で初入選する。
1929年 東京美術学校を卒業。
神奈川県奈珂中学校(現県立秦野高校)で教鞭をりながら官展にたびたび入選を重ねる。
1937年 第1回新文展に「中庭の窓」を出品して特選を受賞。
1939年 第3回新文展に「おもて」を出品し再び特選を受賞。
1941年 第1回創元会に「早春」「家庭風景」を出品する。
1942年 第5回新文展には無鑑査出品している。
1944年 歩兵補充兵として召集され、終戦後3年間、カスピ海沿岸で俘虜生活を送る。
1948年 帰国する。
1949年 同志7名(牛島憲之・飯島一次・大貫松三・榎戸庄衛・円城寺昇・須田寿・山下大五郎)にて創元会を脱会、公募展に対する批判をもってグループ形式の会「立軌会」を創立。
1953年 第4回選抜秀作美術展に「開懇地風景」を招待出品。
1958年 第2回国際具象派展に「工場のある風景」「北海道(白老)風景」を出品。
1964年 中間冊夫、島村三七雄、原精一ら林武門下の友人達と欅会を結成する。
1977年 第16回展より国際形象展にも出品を続ける。
1979年 「安曇野田植え」が長野県信濃美術館に買上げられる。
1983年 立軌展35周年記念展出品作「安曇野春風」で第7回長谷川仁賞を受賞。
1987年 『山下大五郎画集』を出版。
1990年 「日本の叙情詩 山下大五郎回顧展」(東京セントラル美術館)。
5月13日東京にて逝去(享年81歳)。