宮本三郎 作品一覧

宮本三郎の作品一覧です。作品画像をクリックすると詳細がご覧になれます。
※ 掲載作品は常時画廊で展示されているとは限りません。直接ご覧になりたい場合は事前にご連絡ください。
宮本三郎作品一覧作家名タイトル技法サイズ
宮本三郎「出発」 宮本三郎 小早川秋聲
「日本刀」模写図
紙に岩彩 41.0×31.8
宮本三郎「出発」
- 売却済み -
宮本三郎 舞妓十二題集より
「松の内」
版画
木版画
37.5×55
※ 掲載作品以外にもご紹介できる作品がある場合もございます。売却済等でもお気軽にお問い合せください。

宮本三郎 作品へのお問い合わせ

宮本三郎作品の問い合せ 宮本三郎作品へのお問い合わせは左のボタンよりお問い合せフォームにて承ります。なお、恐れ入りますが全ページ共通の問い合せフォームとなっておりますので、特定の作品に関するお問い合せは販売IDと画家名、タイトルを必ず本文内に含めて下さいますようお願い致します。
(例)
宮本三郎「小早川秋聲「日本刀」模写図」紙に岩彩の購入値段について。(710105)

宮本三郎 作品の買取価格一括査定

絵画・美術品の売却・買取価格同時一括査定依頼 宮本三郎作品の買取価格同時一括査定を行っております。一度の査定依頼で複数の絵画・美術品業者よりオークション落札価格等の市場相場に基づく買取査定価格が提示され、そのなかで一番高額な買取査定価格を提示した業者をご紹介致します。
宮本三郎作品の売却をお考えの方は左記ボタンより是非買取価格同時一括査定をご利用ください。

宮本三郎 略歴 (1905-1990)
みやもとさぶろう - Saburo MIYAMOTO Profil -
1905年 石川県小松市松崎町に生まれる。
1918年 石川県立小松中学校(現・石川県立小松高等学校)に入学する。
1920年 小松中学校を中退し、画家を志し離郷。兄を頼り神戸に出る。
1922年 上京し川端画学校に在籍。富永勝重、藤島武二に師事する。
1923年 関東大震災を機に京都にうつる。関西美術院で黒田重太郎の指導を受ける。
1927年 第14回二科展に初入選。以降、昭和19年まで毎年出品。
1928年 遠藤文枝と結婚。品川区小山に住む。
1929年 長女、美音子が生まれる。目黒区原町に転居する。
1933年 東京朝日新聞連載小説「三家庭」(菊池寛)への挿絵を描く。
1935年 世田谷区奥沢にアトリエを新築。初期の代表作である「婦女三容」を完成させる。
1938年 渡欧。パリを中心に滞在。ルーヴル美術館で摸写をするほか、スイス、イギリスなどを巡り、各地の美術館を見学し、翌年に帰国。
1942年 戦争記録画制作のため、藤田嗣治、小磯良平らとともにマレー半島、タイ、シンガポールなどに渡る。「山下、パーシバル両司令官会見図」を完成させる。翌年同作で第2回帝国芸術院賞を受ける。
1945年 石川県金沢市に疎開。
1947年 熊谷守一、田村孝之介正宗得三郎らと二紀会を設立。以降、亡くなるまで出品を続ける。
1948年 金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大学)の教授に就任する。(昭和25年まで)
1952年 渡欧。スペイン、イタリア、ギリシャなど巡遊する。翌年帰国。
1953年 多摩美術大学教授に就任。
1958年 日本美術家連盟理事長に就任。
1959年 日本美術家連盟の会館建築に際し、建設委員長に就任。昭和37年に会館は完成。
1966年 日本芸術院会員となる。
1967年 二紀会が社団法人となり、理事長に就任。
1971年 国立西洋美術館評議会評議員に就任。
1973年 文化庁芸術専門調査会委員に就任。
1974年 10月13日、腸閉塞による心臓衰弱のため逝去。(享年69歳)