中村琢二 作品一覧

中村琢二の作品一覧です。作品画像をクリックすると詳細がご覧になれます。
※ 掲載作品は常時画廊で展示されているとは限りません。直接ご覧になりたい場合は事前にご連絡ください。
中村琢二作品一覧作家名タイトル技法サイズ
中村琢二「三津の富士」 中村琢二 三津の富士 キャンバスに油彩 F8号
中村琢二「南伊豆風景」 中村琢二 南伊豆風景 キャンバスに油彩 F6号
中村琢二「木曽路」
- 非売品 -
中村琢二 木曽路 キャンバスに油彩 F10号
中村琢二「西伊豆黄金崎」
- 売却済み -
中村琢二 西伊豆黄金崎 キャンバスに油彩 F6号
※ 掲載作品以外にもご紹介できる作品がある場合も御座います。売却済等でもお気軽にお問い合せください。

中村琢二 作品へのお問い合わせ

中村琢二作品の問い合せ 中村琢二作品へのお問い合わせは左のボタンよりお問い合せフォームにて承ります。なお、恐れ入りますが全ページ共通の問い合せフォームとなっておりますので、特定の作品に関するお問い合せは販売IDと画家名、タイトルを必ず本文内に含めて下さいますようお願い致します。
(例)
中村琢二「木曽路」油彩10号の購入値段について。(710110)

中村琢二 作品の買取価格一括査定

絵画・美術品の売却・買取価格同時一括査定依頼 中村琢二作品の買取価格同時一括査定を行っております。一度の査定依頼で複数の絵画・美術品業者よりオークション落札価格等の市場相場に基づく買取査定価格が提示され、そのなかで一番高額な買取査定価格を提示した業者をご紹介致します。
中村琢二作品の売却をお考えの方は左記ボタンより是非買取価格同時一括査定をご利用ください。

中村琢二 略歴 (1897-1988)
なかむらたくじ - Takuji NAKAMURA Profil -
1897年 中村啓二郎の二男として、当時啓二郎が勤務していた佐渡金山があった
新潟県佐渡郡相川町(現・佐渡市)に生まれる。
従軍画家としても有名な洋画家の中村研一は実兄。
1899年 愛媛県新居浜に移る。
1906年 父の故郷、福岡県宗像郡(現・宗像市)の祖父母のもとで育つ。
1911年 福岡県立中学修猷館2年に転校。
在学中に兄・研一や児島善三郎らが創立した絵画同好会「パレット会」に参加する。
1924年 東京帝国大学経済学部を卒業する。
1925年 鎌倉名越谷に転居。
1930年 「材木座風景」で第17回二科会展に初入選。安井曽太郎に師事する。
1937年 一水会が創立されるとこれに参加。
1938年 第2回一水会展に「母と子」などを出品して岩倉具方賞を受賞。
1939年 第3回一水会展に「ボレロの女」などを出品して一水会賞を受賞。
1941年 第4回文部省美術展覧会(新文展)で「女集まる」が特選を受賞。
1942年 一水会会員。
1946年 一水会委員。
1953年 第15回一水会展出品作「扇を持つ女」で、芸能選奨文部大臣賞を受賞。
1956年 初個展。
1962年 第5回日本美術展覧会(日展)で「画室の女」が文部大臣賞を受賞。
1963年 「画室の女」及び第24回一水会展出品作「男の像」により、日本芸術院賞を受賞する。
1965年 紺綬褒章を受章。
1973年 日展参与。
1980年 日展参事。
1981年 日本芸術院会員。
1982年 日展顧問。
1984年 「中村琢二画集」(六芸書房)発刊。
1988年 1月31日横浜市金沢区の病院にて逝去。(90歳)

中村研一・中村琢二 生家美術館(福岡県宗像市)
http://kenichi-takuji.com/